肌ケアは、日々の肌のお手入れから成り立っています。肌のお手入れは、女性の場合はメイクアップの必要性から行っているものもあります。肌につけるものには大別して基礎化粧品とメイク用化粧品があります。それぞれ使い道も、肌への効果も別なものといえます。特に肌のケアに大切なことは、いかに自分の肌質に合った基礎化粧品を使うかが重要なポイント。化粧のため使うものは外見を美しく変えますが肌にはストレスがかかるため、きちんと洗い落とすことです。一般的に化粧をした肌は毛穴がふさがれ、それなりの負担が肌にかかっています。取り除くためにクレンジング剤などでしっかりと化粧を落とします。肌にとって刺激の強すぎるクレンジング剤を使うと、肌荒れや肌の乾燥の原因になりますが、弱いものでは汚れがしっかりと落ちません。顔の皮膚は、顔を洗った後が一番水分が足りないとされています。クレンジングや洗顔を施した後は化粧水で肌に充分に水分を与えて、保湿ケアを行うことでメイクからの刺激を緩和していきましょう。よく売れている高評価のスキンケア用品だとしても、自分の肌タイプとの相性がいいものでなければ意味がありません。普段から肌の状態が気になるという人は、スキンケア関係にもお金や労力を割くといいます。けれど、肌に合うものでなければ、高級スキンケア用品を惜しみなく使ったとしても肌に良いことはないようです。